趣味で料理作りをしています

私の趣味である将棋は、一生続けることができる素晴らしいものです。社会人になってからも続けています。

趣味で料理作りをしています

一生続けることができる趣味である将棋について

私の趣味は将棋です。小さいときからやっていましたが、本格的に始めたのは大学に入ってからです。大学で将棋研究会に入ったのです。自分より強い人は周りにいなかったのですが、将棋研究会には強い人がたくさんいました。むしろ、私は弱い方でした。いかに井の中の蛙だったのかがわかりました。定跡を一つも知らなかったので、序盤で大差がついてしまうのです。序盤だけではなく、終盤も私は弱い方でした。負けず嫌いの私は、本をたくさん読んで定跡の勉強をしました。1年ほど経って、ようやく少し勝てるようになりました。努力すれば結果はついてくるものだと実感しました。

大学から本格的に始めた将棋は、今でも続けています。今はインターネットで指せる時代になったので、家にいながら強い人と指せるのです。社会人になってからも自分の趣味を続けることができたことはよかったと思っています。社会人になって勤めるようになると、それまでやっていた自分の趣味を続けることができない人も多いからです。将棋は世代を問わず指すことができますし、自宅でも気軽に指せるので、自分の一生の趣味とすることができます。頭を使うので、ボケ予防にもなります。実際、将棋が趣味の人でボケている人は見たことがありません。集中力もつきますし、非常に素晴らしい趣味だと思います。

Copyright (C)2018趣味で料理作りをしています.All rights reserved.